SACRE GOURMANDISE

おいしいもの見つけた!  PARIS発の食べ物ブログ
 
 
プロフィール

MELODY NELSON

Author:MELODY NELSON
いま関心のあることは身体にいいもの、そして新しい味覚の発見!
和と洋の融合やスパイスやハーブを使った複合の味が気になります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング
英会話レッスン
エステ
航空券

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

beau rivage  



先日、夫と友人と一緒に、中世の城壁やカテドラルが残るユネスコ世界遺産の街、Provins(プロヴァン)に遊びに行ってきました。
シャンパーニュ地方にあるプロヴァンは12~13世紀に栄えた街で、古い建築物がそのまま保存されている美しい街。旧市街を城壁が囲んでいます。
パリから車で訳1時間半という、ドライブにはちょうどいい距離。
そして今回のドライブの目的のひとつがランチ…でした。
プロヴァンから車で30分ほど走ったところにNorgent sur-seineという小さな街があり、ミシュランやゴー・ミヨで高い評価を受けているレストラン『beau rivage』があるのです。


beaurivage0.jpg


夏に夫と友人たちがトライしたしたときは予約を入れてなかったので、満席で入れなかったそう…
今はシーズンオフな感じで、街を訪れる人も少なく、予約が取りやすそうです。
レストランは小さな3つ星ホテルの中にありました。


beaurivage1.jpg


清潔感があって光がたくさん入る、明るい店内。
席に着くと、ちょうどシーズンでもあるシナモンがスプーン置きとして使われ、ナッツを散りばめたガレットがスタンドに… なかなかいいアイデア。
このナッツのガレットはメニューを見ながら、アペリティフとしてつまむことができます。


beaurivage2.jpg


私たちは前菜、主菜、デザートの3品のランチ・コース30ユーロをセレクト。
それぞれグラスワインの白を頼み、まず出てきたのはアミューズ・グール。
カレー粉やターメリックをアクセントにしたスティックパイと表面に焦げ目をつけたサレ(塩味)のクリーム
エキゾティックで上品な味の一品です。
地方のレストランなのでクラシックかな…と思っていたら、斬新で繊細な感じのスターターが出てきて驚き…
一気に食事への期待が膨らみました。


beaurivage3.jpg


私と夫は偶然にも前菜からデザートまですべて同じものをセレクト。
これは前菜のモルトーソーセージとシャルロット種のジャガイモ。茹でたあとオーブンで軽く焼いているのかな?
エシャロットとシブレットが添えられ、少し酸味のあるソースがかかっています。
モルトーソーセージはスイスに近いコンテ地方で作られるソーセージなのですが、調理が上手で、すごくおいしかった


beaurivage4.jpg


友人の前菜。
ハドック(鱈の一種)とレンズ豆、半熟卵を使ったサラダ
バジリコのソースがたっぷり添えられて、彩りも鮮やかで綺麗です。


beaurivage5.jpg


友人のメインは黒ブーダンと洋梨
上にトッピングされているのは青リンゴ
ブーダンは豚の血と脂を使った腸詰めで、ねっとりした独特の舌触りとレバーのような味。りんごやマッシュポテトを付け合わせにして食べたりします。
私も夫も内蔵料理が苦手でブーダンは避けたのですが、こんなケーキのようなプレゼンテーションにして、フルーツをたっぷり合わせていると食べやすそうです。


beaurivage6.jpg


私たちのメインはサーディンのソテーキノアのロールキャベツ風
そしてグリーン・タップナードを塗ったパンが添えられています。
キノアは最近BIO食品でも注目の穀物。こんな風にロールキャベツのように調理したのは初めて食べました。
自家製のタップナードや肉厚のサーディンもおいしかった…


beaurivage8.jpg


デザートはたくさん種類があって迷ったのですが、フォレ・ノワール風…と書かれたものをセレクト。
フォレ・ノワールはチョコレートとチェリーとキルシュを使ったドイツはアルザス地方のケーキですが、それに近いものかな…と想像したら、フォレ・ノワールそのものでした。
ダーク・チョコの苦味とチェリーの甘酸っぱさがよく合っています
ここの濃厚なフォレ・ノワールはかな~り気に入っちゃいました


beaurivage9.jpg


友人のデザートはパイナップルのシロップ漬けとココナッツのソルベ、ココアパウダーに薄いガレットを合わせたお菓子。
フルーティーで爽やかそう…


beaurivage7.jpg


食後のコーヒーと一緒に出てきたプティ・フール
ココア風味のビスキュイとヘーゼルナッツのマカロン、アーモンドの香りがするフィナンシエ。
もう満腹でしたが、コーヒーと一緒にするりとお腹に入ってしまいました。


beaurivage10.jpg


私たちがランチタイム最後のお客。
客層は私たちのように遠方からプロヴァンに遊びにきた人が多そう.
もしシャンパーニュ地方のプロヴァンやトロワに行く機会があれば、おすすめのレストランです。


beau rivage : 20,rue villiers aux choux 10400 nogent sur seine




スポンサーサイト

アムステルダム : wagamama 



アムステルダム滞在2日目、日本食を食べようとアジア/エスニックのフーディングを謳うレストラン『wagamama』に行きました。


wagamama1.jpg


ヌードルを中心とした、いわゆるラーメン屋さんがお洒落カフェになったような感覚のお店。
このレストランを日本食と呼ぶのは異論がありそうですが、まぁアジア料理をファーストフードっぽく食べると思えばいいのかもしれません。


wagamama2.jpg


長テーブルで並んで座るターブル・ドットのスタイル。
パリでも数年前からこういうスタイルは流行っていますが、ここは10年以上前にオープンしているので、ターブル・ドットを取り入れるのは早かった…といえるでしょう。
たくさんテーブルが並んでいると、なんだか学食みたいです。


wagamama3.jpg


ミネラル・ウォーターを入れたカラフがかわいい。


wagamama4.jpg


夫が食べた海鮮ラーメン
ここは麺の種類が豊富で、日本風のラーメンから中国、タイ、ベトナム風…といろいろあります。
これは日本風のラーメンのはずなんですが、どことなくエキゾティック。
スープは何?…と尋ねたら『う~ん…味がしない』との返事が返ってきました。
まぁ外国で食べるラーメンですし、現地の人の好みに合わせているのかもしれません。


wagamama5.jpg


夫がビールのおつまみにと頼んだ海老フライ
なんとチリソースが…
やっぱりエキゾティック どうやら日本人の料理人やスタッフはいないと思われます。


wagamama6.jpg


私が食べた野菜カツ・カレー
豚カツだと変哲もないので、野菜のフライが添えられたカレーにしてみました。
野菜はカボチャやタマネギ、サツマイモなど。
カレーは日本の味に近い感じで、野菜のフライが美味しかった…


このお店、日本に住む日本人のかたにはきっと不評さくさくだと思いますが、私たちはパリ在住……家の近所にはSUSHI PLANETなるピンクの内装の店もあったりするので、外国の日本食には寛大(?)です。
フランスの日本食レストランを日本人が審査しなければ…という意見もあったりしましたが、カリフォルニア・ロールのように土地によってアレンジが加わるのもまた一興かもしれない…と思ったりします。
どうせなら日本食もどき…なものよりも、私たち日本人が発想できないような新感覚の日本食が出て来たらそれはそれで面白いのではないでしょうか。


南米風 真ダラのマリネ 



暑くなったので、マルシェの魚屋さんでタラを買って、セヴィッチェを作ってみました。
セヴィッチェはチリで生まれた南米ではポピュラーな料理。
ライムの風味をきかせた爽やかな一品なので、食欲の減退する夏にはおすすめです。





新鮮で身の締まった白身魚なら何でもいいのですが、真ダラを使うのが本格的。
フランスではcabillaudと呼ばれる魚です。
用意するのは、タラ400~500g、ライム5コ、エシャロットか紫タマネギ2コ、牛乳大さじ2杯、パセリ、唐辛子、塩、コショウ
まず、マリネ液を用意。
ライム3、4コを絞り、このライムの果汁をボウルに取って牛乳を加え、塩とコショウをふります。
唐辛子の小口切りを加えます。
タラは削ぎ切りに。
タラをマリネ液に入れ、30分~1時間ぐらい冷蔵庫に入れて冷たくしておきます。
この間にエシャロットを薄くスライスして、水にさらしておきます。
ライム1コ分を薄い輪切りに。
パセリはみじん切りか小さくちぎって…
魚を冷蔵庫から取り出し、プレートに盛りつけます。
その上にエシャロットとパセリを散らし、ライムの薄切りを飾ります。




ceviche2.jpg


白身魚はタイやアンコウなどでもOK
ライムをレモンでも代用できますが、トロピカルな気分を味わうのなら、断然ライムがいいでしょう。
レモンより香りが強く、苦味も強いのでエスニックな料理とよく合います。


ceviche3.jpg


合わせる飲み物はラムが気分ですが、もちろん辛口の白ワインでもOK。
ベルギーのトラピストビールも意外によく合うとのことなので、CHIMAYというビールを買ってみました。
トラピストビールというのは修道院で作られるビールのことで、世界でも7カ所のトラピスト会修道院で作られたものしか認定されていません。
そのうちの6カ所はベルギーにあり、このCHIMAYはその中のひとつ。
イギリスの黒ビールにも似たコクのあるビールなのですが、瓶の中でも発酵熟成がすすむのだそうです。
私はビールの味はどちらかというと苦手なのですが、イギリスの黒ビールやこのトラピストビールのように深いコクと麦の味がしっかりとしたものは嫌いではありません。
初めてビールを美味しいと思ったのが、ロンドンで飲んだ黒ビールだったので、熟成型のまったりしたほうが好みなのでしょう。


暑~い夏の前菜に最適のセヴィッチェ…ビールやラムと一緒にいかが





神戸:旧居留地 Central 



実家のある神戸に住む友人達とランチを食べに行きました。
旧居留地にあるカフェ、『CENTRAL』です。





この界隈は旧居留地ということもあり、天井の高いクラシックな石造りの洋風建築が多く、建物そのものに趣が…
阪神大震災でなくなってしまった貴重な建築物もありますが、依然として異国情緒の漂う地区です。


central6.jpg


ロフト風の広い店内。
閉塞感がなく、テーブルの間隔も広いので、ゆったりとくつろげます。
土地柄、外国人客も多い模様…


central1.jpg


テラスで食べたかったのですが、まだ寒かったので断念…
フランスにようにテラスにストーブはありません。
暖かくなるとテラスのソファー席が気持ち良さそうです。


central2.jpg


サラダバーならぬブレッドバーがあり、常時10種類ぐらいのパンが選べます。
私がチョイスしたのはクランベリーとローズマリーのパン、そしてサツマイモとクランベリー入りのカンパーニュ。
大きなパンの竃が店内にあり、焼き立てをサーブしているので凄くおいしい
ローズマリーのパンはオリーブオイルとパルメザンによく合いました。


central3.jpg


友人が取ったパルマ産の生ハムとグーダチーズのキッシュ


central5.jpg


私がチョイスしたスペイン風オムレツと鴨のスモーク
グラタンとサラダもついて、なかなかのボリューム。
良く言えばあっさり、悪く言えば少々頼りない気がする薄い味…
オムレツはまぁいいとして、鴨はこれでは物足りない。


central4.jpg


もうひとりの友人が取ったチキンのグリーンソース。バジルと松の実のペーストのようです。
そして3種類のフロマージュのキッシュ


食後のコーヒー、紅茶をオーダーして1500円ぐらい。
店内にデリやパン売り場もあり、テイクアウトもOK。
料理そのものよりもサイドディッシュのパンや内装がよかった…かな。




マルシェ・ド・ノエル 



パリは今、1年中でいちばん華やかなシーズン。
街中が鮮やかなイルミネーションで彩られ、ブティックやデパートは買い物客でごった返します。





イルミネーションでは毎年話題になるシャンゼリゼ通り
以前は白のイルミネーションでしたが、何年か前からブルーになりました。


illumination1.jpg


雪の降る前日…マイナス5℃のと~っても寒い夜に出掛けていった先はシャンゼリゼのすぐ近くで開かれているマルシェ・ド・ノエル
露店が大通りの両側にひと駅ぶんほど並んでいます。
地方の物産店を期待して行ったのですが、クリスマスらしい感じの店はほんのわずか…
ほとんどがどこの観光地や遊園地にでもあるような露店です。
がっかりしましたが、気を取り直してざっと覗いてみることに。


illumination3.jpg


こちらはドーナッツとクレープとショコラ・ショーを売る店。
べつに珍しくもないですが、寒い日だったので、ショコラ・ショーとヴァン・ショー(ホットワイン)は大人気。


illumination2.jpg


私たちはボルドー名物のカヌレを購入。
後ろのオーブンで焼いているため、湯気が上がる焼き立てです。


illmination6.jpg


ここは作りたてのスモーク・サーモンを売る店。
こうやって炭火で燻すところは初めて見ました。
出来上がったスモーク・サーモンをパンに挟んでくれます。


illumination7.jpg


この店はフロマージュとソーセージ。
軒先にはさまざまな味のサラミ、ソーセージがぶら下がっています。
店先に陣取って、ワインとフロマージュ、ソーセージをつまむ人もいました。


illmination4.jpg


いまいちパッとしなかったマルシェを抜けて、コンコルド広場へ。
夏と冬に登場する大観覧車とその下のクリスマス・ツリーが綺麗。


illumination8.jpg


そしてこの夜いちばんの目的のエッフェル塔
今年エッフェル塔は120周年を迎え、特別なイルミネーションのイヴェントが行われています。
これはシャイヨー宮から見たところ。


illumination9.jpg


1時間に1回、さまざまな色と模様に変化するエッフェル塔。
約12~13分の光のショーでしたが、とても綺麗でした。
このスペシャル・イルミネーションは大晦日までです。

RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。