SACRE GOURMANDISE

おいしいもの見つけた!  PARIS発の食べ物ブログ
 
 
プロフィール

MELODY NELSON

Author:MELODY NELSON
いま関心のあることは身体にいいもの、そして新しい味覚の発見!
和と洋の融合やスパイスやハーブを使った複合の味が気になります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング
英会話レッスン
エステ
航空券

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chou romanesco 



マルシェやBIOのお店で昨年ぐらいから見かけるようになったイタリア生まれの野菜、シュー・ロマネスコ
鮮やかな黄緑色、円錐形の花のような随分とヘンテコな外見なのです。
マレのオーガニックカフェ『rose bakery』のランチで初めてこの野菜に遭遇したときは、なんだかバロック的な外見をした華やかな野菜だなぁ…はたして食べられるのかしらと思ったのですが…





カリフラワーやブロッコリーの仲間でしょうか…
味がなんとなくそのあたりの野菜に似ています。


chouromanesco2.jpg


いろんな調理法があるのでしょうが、その造形的な外見を生かすためにさっと茹でて、サラダにすることに…
ベビーリーフ、アルファルファ、そら豆、ゆで卵、そしてシュー・ロマネスコというシンプルなサラダ。
シュー・ロマネスコが花のようなので、ブロッコリーやカリフラワーを使うよりサラダが豪華に見える…?
サラダをメインにしたいときや来客時に最適です。


そして、サラダといえば、もうひとつ気に入っているのがこれ
『じゃがいもとクルジェット(ズッキーニ)、卵のレモン風味』
クルジェットは今が旬。ビタミンCがたっぷり取れる、冬野菜のサラダです。


legumes1.jpg


材料はクルジェット、じゃがいも、ゆで卵、レモン、パセリ、シブレット、オリーブオイル、塩の華、コショウ。
じゃがいもは皮ごと茹でて、茹で上がったら皮を剥いて、適当な大きさに切ります。
クルジェットは2cmぐらいの厚さに切り、塩ゆで。
レモン1コを絞り、皮を少々擦り下ろしておきます。
ボウルにゆで卵とじゃがいも、クルジェットを入れ、レモン汁とレモンの皮、オリーブオイル、塩の華を入れて和えます。仕上げにコショウをお好みで…
レモンの風味がきいた、爽やかなサラダ。
あとは生ハムやソーセージ、チーズにバゲットなどがあればバランスの取れた食事になるでしょう。


スポンサーサイト

coingのコンポート 



マルシェでcoing(コワン)="かりん"を見かけたので買ってみました。
コワンはあまり一般的なフルーツではないようで、マルシェの中でもわずかなお店にしか置いていないし、フレッシュなコワンを売っているのを見るのはごくわずかな期間だけです。
私はスペインのヴィクトル・エリセ監督の映画『マロメロの陽光』でコワンというフルーツを知り、漠然と洋梨みたいな果物なのかな…と想像していたのですが、生で一口食べてみてびっくり…
渋くて食べられなかったのです~


marmelo1.jpg


なので、砂糖とブランデーでコンポートを作ることに…
フランスではコワンのコンフィチュールは人気があるのです。(コンポートは見かけませんが…)


marmelo2.jpg


まず皮を剥くのがタイヘン。とっても固~い
ちょっとした力仕事です…
あんなに水分がない果物だとは思いませんでした
ひょっとしたら皮は洗うだけで、剥かなくてもいいのかもしれません…?
適当な大きさに切って、あとは砂糖とブランデーを入れて弱火で煮るだけ。
水分が少ないので、砂糖は多めに。


marmelo3.jpg


砂糖はたくさん入れたつもりなのですが、どうしても渋みが残り、蜂蜜を足して食べることにしました。
ヨーグルトやタルティーヌ、クレープなどにぴったり。
もともと渋い味のフルーツなのですが、甘くするとそれはそれは美味しいのです
水分が少ないので、イモみたいな食感なのが不思議ですが…
私が気に入ったのはカンパーニュ系のパンを使ったタルティーヌに添えて、はちみつをかけたもの。
これにリコッタチーズを足してもいいかもしれません。


groseilleblanche.jpg


もうひとつ、珍しい果物を見つけたので、買ってみました。
緑色のグロセイユです。
グロセイユといえば、普通赤なのですが、品種改良したのか…これはマスカット・グリーンのような淡い緑色。
それに普通のグロセイユより粒が大きく、産毛のような細かい毛がはえています。
そのまま食べると酸っぱいだけで、美味しいとは言い難いのですが、色が綺麗だし珍しいから、ケーキなどのデコレーションにいいかも…
チョコレートのケーキやチーズケーキのようにコクのあるものと合わせたら美味しそうです。


ライムとココナッツのサブレ 



初夏の気分でトロピカルなサブレを焼いてみました。
ブログを通じて交流させていただいているバニラビーンズさんのレシピを参考に…
バニラビーンズさんのブログうずまき王子カフェにはいつも美味しそうなお料理やスウィーツが紹介されていて、時間があるときにぜひ作ってみたいと常々思っていたのです。





ということで、今日はライムとココナッツのサブレに挑戦
本来はレモンを使うところ、私はライムでアレンジしてみました。
用意するのはライム2コ、ココナッツファイン20g、薄力粉80g、粉砂糖25g、無塩バター60g
ライムは皮を擦り下ろし、果汁も絞っておきます。
薄力粉と粉砂糖、ココナッツ、ライムの皮をフードプロセッサーで撹拌します。
角切りにして冷たく冷やしておいたバターを生地に加え、ライムの果汁を加えてさらに撹拌。
大きな塊になったらラップに包み、上から棒状に成形します。これを冷蔵庫で1時間以上休ませて……
冷蔵庫から取り出し、適当な厚みに切ります。
あとは熱しておいたオーブンに入れるだけ。


sable2.jpg


焼き菓子はたまに作るのですが、焦げてしまって失敗することが…
今回はオーブンの前に張り付いて、じ~っと見ていたので、まぁなんとか……
味のほうはさすがにバニラビーンズさんのレシピ
今まで自分で焼いた、どのクッキーよりも美味しかったような気がします。(すみません…自画自賛で


sable3.jpg


ライムの香りが口の中に広がって、食べ終えたあとまで余韻を残します。
さくさく、ホロホロとしたココナッツの食感も最高
ライムのせいか夏仕様の爽やかなサブレになりました。
バニラビーンズさんのレシピ通りにレモンを使っても勿論美味しいと思います。
レモンだとイギリス風になるかしら。今度はレモンで作ってみようかな…



ホワイト・アスパラのリゾットと子羊のマリネ 



今が旬のホワイトアスパラを使って、リゾットを作ってみました。


risotto1.jpg


これは以前パリに住んでいたフレンチのシェフの友人から教わったレシピ。
今や日本のフレンチのシェフとしてずいぶん有名になった人ですが、その頃はまだロブションでアシスタントをしていて、時折うちのキッチンで腕をふるってくれました。
用意するのはホワイトアスパラタマネギパンチェッタパルメザンリゾット用の米オリーブオイル白ワイン
私はハーブ好きなので、イタリアンパセリシブレットも加えます。またコクが欲しいので隠し味にバターブイヨンを少々。


1まず米を洗ってザルに引き上げておきます。
2ブイヨンでスープを作っておきます。
3深めの鍋でタマネギのみじん切りを炒め、透き通ったら米を入れてさらに炒めます。
4白ワインを入れてアルコール分を飛ばします。
3スープを少しずつ加えながら中火で煮ていき、途中でホワイトアスパラを加えます。
 ホワイトアスパラは歯応えが残るぐらいの茹で時間で。
4オーブンでパンチェッタをカリカリに焼いておきます。
5火を止めたら、イタリアンパセリとシブレットとパルメザンを混ぜて出来上がり。
 米は歯応えが残るアルデンテ。
6皿に盛りつけて、上にパンチェッタをのせます。


risotto2.jpg


パルメザンは盛りつけた後にかけてもいいですが、今日は鍋の中で混ぜ込んでしまいました。


risotto4.jpg


パンチェッタの焼き加減が足りなかったかな
もっとカリカリに焼いて、食べるときにフォークで割れるぐらいがいいようです。
それから、アスパラは先のほうと真ん中のほうでは茹で時間が違うので、少し時間をずらして入れるといいと思います。私はシャキシャキの歯応えが残るぐらいが好き
マルシェで真ん中から下を切り落としたホワイト・アスパラを買ってきたのですが、アスパラはやはり先端のほうが美味しいですね。ちょっと贅沢して、真ん中から下は捨ててしまいましょう。


marineagneau.jpg


メインに子羊のマリネを。
これは前日からマリネ液に漬け込んでおいた子羊をオーブンで焼いたもの。
マリネ液は白ワイン、ニンニク、タマネギ、レモン1コ、ローリエ、タイム、ローズマリー、オリーブオイル、塩、コショウ。
1晩漬けておいて焼くだけなので簡単だし、ハーブが子羊の匂いを消してくれるので食べやすいです


ラップサンド 



最近すっかりマイ・ブームになってしまったラップサンド
パリでもパニーニに代わって流行中のサンドウィッチのひとつです。
我が家では、ユダヤ風サンドウィッチに使うピタパントルティーヤそば粉のガレットなどを使って何でもくるくる、くるくる……好きな具を巻いて食べます。


wrap4.jpg


この日はアボガドのディップスモークサーモンハーブをつけて焼いたローストポークハーブ入りチキンのハム目玉焼きベビーリーフにんじんトマトセロリを用意しました。
アボガドのディップは、潰したアボガドに生クリーム、レモン、マヨネーズを入れて混ぜます。
そして今いちばん気に入っているクリームチーズboursinのいちじく×胡桃も。
いちじく×胡桃はboursinの他のフレーヴァーより甘いので、蜂蜜と合わせて食べても美味しいのです


wrap2.jpg


スモークサーモン×アボガド、ハム×いちじくのクリームチーズ×ベビーリーフ、ローストポーク×目玉焼き…
好みでマヨネーズやレモンのドレッシングをふりかけて。
付け合わせはカフェ・スタイルでチップスラディッシュを。


wrap5.jpg


中身のバランスを考えないとうまく巻けません…
目玉焼きは嵩張るので難しい!?
ちなみにピタパンやトルティーヤはモチっとしていて巻きやすいですが、ガレットは裂けやすいのでラップサンドには不向きだと思いました。
中の具はツナやローストチキンなどもいいでしょう。
カッテージチーズにオレンジなんていう組み合わせもやってみたい


wrap6.jpg


そして付け合わせのチップスですが…
我が家の定番はこのメーカー
添加物なしでハンドメイドのチップス。イギリスのものです。
イギリスにはtyrrellsをはじめ、ハンドメイドの美味しいチップスが多いのはどうしてなのかな
これはシーソルト&ブラックペッパー


wrap7.jpg


こちらはスウィート・チリ
味の濃すぎないナチュラルなフレーヴァーで、とってもおいしいチップスなのです。


RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。