SACRE GOURMANDISE

おいしいもの見つけた!  PARIS発の食べ物ブログ
 
 
プロフィール

MELODY NELSON

Author:MELODY NELSON
いま関心のあることは身体にいいもの、そして新しい味覚の発見!
和と洋の融合やスパイスやハーブを使った複合の味が気になります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング
英会話レッスン
エステ
航空券

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROSE BAKERYのランチ 



以前にも書いたことのあるBIOのカフェ/レストランROSE BAKERY
北マレの中心にあり、家から近いので、たまにお茶しに立ち寄ることがあります。
今回はお友達とランチに挑戦……人気店なので席が取れるかな!?





BIOといってもここは場所柄、ファッション・ピープルが集まるお洒落カフェ。
従来のBIOレストランのイメージとは180°異なります。
ロンドンからやってきたお店だけに超モダーン。じつは北マレ界隈は英語圏の人が多いのです。
光のたくさん入る入り口に野菜や果物を無造作に置いていて、中に入るとテイクアウトのデリが……
ショーケースの中に量り売りのパウンドケーキやスコーン、キッシュなども。


rosebakerypain.jpg


オーダーした後、まず運ばれてくるのが自家製パンとお水。
パンはカンパーニュ系の少し酸味のある、しっとりタイプ。


rosetarteletteetsalade.jpg


私の頼んだ野菜のタルト&サラダと焼き野菜
ビーツとブロッコリとシェーブルチーズのタルトが美味し~い
野菜とチーズなのにパンチがあります。
ローストした野菜も素材そのものの旨味が凝縮していて、ただ焼いただけで何でこんなに美味しいの~…と感激してしまいました。塩も何もいりません。
とくに茄子とカボチャのローストは最高。やはり素材なんでしょうか
マルシェでもBIOの八百屋さんは値段がと~っても高いんですが、焼くだけでこの味が出せるなら買ってみようかなぁ…と思いました。


rosetofutartine.jpg


お友達が食べたトーフのタルティーヌ
ん~…斬新
カンパーニュ系のパンの上に豆腐のスプレッド。その上に焼き野菜と生の野菜をたっぷりとトッピングしています。
ここのシェフはイギリス人の他に日本人のかたもいらっしゃるので、日本の素材をうまく取り入れてフュージョンさせています。
軽そうに見えて、ここのランチはなかなかパワフル。


rosecappucino.jpg


デザートも食べたかったのですが、お腹いっぱいでギブアップ。
食後はカプチーノだけでフィニッシュしました。
メイン1品とカフェでひとり17~18ユーロ(2300円~)。満足度から考えると安いです
好きなだけスライスしてくれるパウンド(←チェリーや抹茶のケーキなど)やUKらしいトライフルも美味しそう…
今度はトーフのタルティーヌを食べてみようかな…

スポンサーサイト

パティスリー : STOHRER 



パリの真ん中、カフェや商店が立ち並ぶ、とても活気のある通りrue montorgueilには古くから続く有名なパティスリーがあります。
ここ『STOHRER』はなんと1730年創業。つまり革命のずっと前、ルイ15世の時代から同じ場所にお店を構えているのです。





カジュアルで個性的なブティックの多い、庶民的な界隈…パリのBOBO、お洒落な人達が集まる場所です。
とても小さいお店ですが、ケーキやチョコレートなどのお菓子の他にお惣菜やパンも所狭しと並んでいます。


stohlerbox.jpg


王室御用達だった老舗らしいパッケージ。王冠をモチーフにして可愛い
ルイ15世のもとに嫁いだポーランドの王女が連れて来たお抱えパティシエがストレール。
フランス王室にお菓子を納めながら、ヴィクトワール広場の近くに開いたお店が今のストレールなのだそうです。デパートなどに出店することなく、海外に進出することもなく、このお店1軒で顧客商売をしているところが、気品ある老舗らしくていいですね…


stohrer2.jpg


これは名前がわからないのですが、マスカルポーネとフリュイ・ルージュを組み合わせ、クランブルのそぼろを散らしたお菓子。マスカルポーネのクリーミーさとベリー系の酸味がよく合っています。私の好み


stohrer3.jpg


エキゾティックな名前のついたNoumea(ヌメア)
パイナップルとバナナ、ヘーゼルナッツの入ったスポンジ、ヴァニラムースに下の部分はマカロンを砕いていたもののようです。
トロピカルなフルーツの味が口の中に広がって、とっても爽やか。


stohrer4.jpg


Le Satine
カフェとチョコのスポンジとプラリネのムース。
3種類の味のコンビネーションが抜群……濃厚です


stohrer5.jpg


ここはパンも美味しいのです。ベーコン入りのFougasse
Fougasseは最近のマイブーム。STOHRERのはベーコンがたっぷり入ってて、生地は気泡が大きくて軽め。
私の好みは左岸の百貨店ボン・マルシェで売っている、生地が詰まった感じのもっちりしたフーガスなんですが、サクサクの軽いのもたまにはいいな…と思いました。


しばらくヌーヴェル系のパティスリーでばかり買っていましたが、久しぶりに買いに行ったSTOHRER……これが老舗の底力なんですね~

焼き栗 



パリは9月、10月は雨が多いのですが、今年はしばらくいい天気が続いたので、パリ郊外の森に栗拾いに行ってきました。
栗拾いは初めての体験……
だいたい栗の木も見た覚えが…





パリのモンパスナス駅から急行で15分ぐらいのところに位置するMEUDONの森です。
CHAVILLE RIVE GAUCHEの駅で降りて、目の前に広がる森の中に入りました。


chataigner2.jpg


静かな森の中で何か音がすると思ったら、栗やドングリの落ちる音……
高い木から頭上に栗が降ってくると、なかなか怖いです…
お友達に帽子着用 !! と言われてたのを思い出したけど、後の祭り…


chataigner1.jpg


綺麗な緑色のイガに入った栗。


boismeudon3.jpg


歩いているうちに森のフルーツを発見
ブラックベリーです。
黒いのが完熟。赤はかなり酸っぱいです。


boismeudon4.jpg


マルシェで売ってるものに比べると全然小さいですが……


chataigner3.jpg


何事にも熱中しやすい私たち…
結局こんなに栗を拾ってしまいました
…5kgぐらいあるかな


chataigner4.jpg


さっそく焼き栗に……
オーブンで焼いてみたりもしましたが、フライパンで黒焦げになるまで焼くほうが美味しかった
焼き栗はフランスの秋から冬にかけての風物詩です。

ミラベルのコンポート 



夏の終わりから秋にかけて、フランスではさまざまな種類のプリュンヌ(プルーン)が出回ります。





大きな実の黄金色のプリュンヌ、深い紫色のクウェッチ(quetsche)、浅い緑色はレーヌ・クロード(reine claude)という種類。ここにはありませんが、赤いスモモのようなものも。


mirabel0.jpg


プリュンヌの中でもミラベルは甘味が強く、プリュンヌ独特の渋みが少ないので私の大好物。
日本では見かけないミラベルですが、ロレーヌ地方が名産で、以前ナンシーを訪れたときにミラベルを使ったマドレーヌやパウンドケーキ、キャラメルなどのお菓子を街中で見かけました。
お土産にミラベルのリキュールを買って帰ったのですが、その後パリではなかなか見つけることができないでいます。


compotemirabel.jpg


マルシェで買ったミラベルでコンポートを作りました。
材料はミラベル1kgと砂糖30gと白ワイン。
いつもボン・マルシェで買うPascal Beillevaireフロマージュ・ブランにかけて朝ご飯に……
カフェ・オ・レとヨーグルトが朝の定番なのですが、自家製のコンポートだとフルーツがたっぷり採れるような気がするので、最近よくコンポートを作っています

RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。