SACRE GOURMANDISE

おいしいもの見つけた!  PARIS発の食べ物ブログ
 
 
プロフィール

MELODY NELSON

Author:MELODY NELSON
いま関心のあることは身体にいいもの、そして新しい味覚の発見!
和と洋の融合やスパイスやハーブを使った複合の味が気になります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング
英会話レッスン
エステ
航空券

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ILLYの限定アーティスト・コレクション 



我が家の定番コーヒー豆のタイプは深くローストしたエスプレッソ
いちばん好きなコーヒーの銘柄はイタリアのILLYです。
市販のものの中では香り、味ともに最高だと思います。
ILLYが経営するエスプレッソ・バールではコーヒーが飲める他、コーヒーカップなども販売していて、それも気鋭のアーティストたちによるデザイン…とものすご~く贅沢なコーヒーカップが置いてあったりします。
私がどうしても欲しいJan Fabreのエスプレッソカップは瞬く間にSOLD OUTし、現在はプレミアがついていて、簡単には手に入りませんが、いつか手に入れたいもののひとつ。
カップ&ソーサーは目当てのものが手に入るまで気長に待つつもりですが、ILLYのコーヒーのほうもアーティストがデザインしたパッケージがたまに発売されます。





これは現在販売中のArtist Collection、Michelangelo Pistoletto & Cittadellarteのデザイン。
地中海文化をテーマに作品を作るグループのようです。
LOVE DEFFERENCEの文字。


illy2.jpg


同じアーティストのデザイン。
地中海沿岸の地形がモチーフですね…


illy4.jpg


これは一昨年出たMichael Linのデザイン。


illy7.jpg


ILLYのコーヒーを使って、コーヒーゼリーを作ってみました。
濃く煎れたコーヒーとショコラ・プードルでゼリーを作り、ピスタチオとオレンジのコンフィをトッピングしています。
曲がったフォルムで底もアブストラクトなデザインのグラスはconran shopで見つけたリキュールグラス。
もっぱら夫が使っていますが、曲がったフォルムは意外と持ちやすいそうです。
今日はお菓子用に拝借しました。


スポンサーサイト

BLE SUCRE 



'07年に開店以来、一躍人気ブランジュリーとなった『BLE SUCRE』
ここは4つ星のHOTEL BRISTOLのシェフ・パティシエだったフィリップ氏が開いたお店。
噂には聞いていましたが、訪れたのは初めて。
とても小さなお店で、マダムお一人で接客されていましたが、引きも切らず買い物客が訪れます。
場所は12区のLedru-Rollin。静かな公園に面した抜群のロケーションです。





ブランジュリーとは思えない、美しく華やかなショーケース。
お菓子も手がこんでいて綺麗。


blesucre2.jpg


まずはケーキに目を奪われましたが、初めて行ったブランジュリーだったので、美味しいと評判のバゲットパン・オ・ショコラをチョイス。他にもベーコン入りのパンを買ってみました。
もっといろいろ買いたかったのですが、夫が出張中でひとりなので、たくさん買っても食べきれません…


blesucre5.jpg


バゲットはもう理想的ともいえる味
皮のパリパリ感、中のふわふわ感、塩味の具合…申し分ありません
塩分控えめなので、エシレのバターのドゥミ・セルと合わせるとバターの美味しさも引き立ちます。
いつも食べているエシレのバターですが、パン次第でこんなに美味しく感じるのかと思いました。
パンの塩分について考えさせられた次第です。
パン・オ・ショコラもまるでパイのように幾層にも重なった生地で、繊細な食感。
バターの風味がしっかりしていて、2本入ったショコラのビターな味が何とも言えません…
ベーコン入りのパンは明日のランチ用に買いましたが、すごく楽しみになってきました。


blesucre6.jpg


そしてクラシックな焼き菓子、キャトル・キャールも購入。
キャトル・キャールは母が好きなので、来週日本へ行く際のお土産に…
こういう素朴なお菓子は素材次第なので、こちらのお店のものは相当美味しいのではないかと思います。
このお店はこれから通うことになりそうです。次はケーキを買ってみたいな。


blesucre3.jpg


『BLE SUCRE』の前の小さな公園。
パリはいま一面の雪景色。今年の冬はとっても寒いのです。
暖かくなったら、サンドウィッチとケーキを買って、この公園のベンチで食べるのも気持ちよさそうです…


Le Buisson Ardent 



友人ふたりとネオ・ビストロとして定評のあるお店にランチを
食べに行ってきました。
『Le Buisson Ardent』というビストロで、場所は5区のJussieu。アラブ世界研究所のすぐ側です。





中に入ると壁にはフレスコ画。
アールヌーヴォーのランプが灯る、クラシックな内装。
いかにもノスタルジックなフランスを感じさせますが、料理や
プレゼンテーションはモダーンです。
前菜+主菜+デザートで18.50ユーロのランチメニューを頼みました。


lebuissonardente3.jpg


友人がオーダーした前菜。
グリーン・キャベツのスープ
クリーミーで、野菜の滋養がたっぷりな冬のスープ……美味しかったそうです。


lebuissonardente4.jpg


私が選んだ前菜の鴨の胸肉のタルティフィレット
繊細なタルト生地にmagret de canard(鴨の胸肉)、ルーコラ、セルフィーユ、ラディ・ノワール(黒ダイコン)などのサラダがトッピングされています。
プレートを飾るオレンジ色のソースはどうやらカボチャのよう
です。
ジューシーな鴨が美味し~い
ラディ・ノワールは今までどうやって使っていいのかわからなかったのですが、こうして薄くスライスしてサラダにのせると
アクセントになりそう。
この前菜のコンビネーションはとても気に入りました。


lebuissonardente6.jpg


別の友人が取った前菜のアンディーヴ(チコリ)のグラタン
チーズをたっぷりと使ったアンディーヴのグラタンは、フランスでは冬の人気メニューのひとつです。


lebuissonardente7.jpg


こちらは主菜。
友人が選んだWok Boeufというアジア風の牛肉料理
食材やスパイスの使い方がヌーヴェル・キュイジーヌらしい
感じ。
様々な国の料理がひとつのプレートの上で混ざった、新しい感覚のフレンチです。


lebuissonardente8.jpg


私ともうひとりの友人が食べたキャラメリゼされたポーク・リブとポレンタ
じっくり時間をかけて焼いた骨付きポークにマスタード風味のソース
ポークはパワフルなようで、意外とあっさり頂けました。
ここの肉料理は驚くほどジューシーです。
付け合わせの自家製ポレンタも美味。


lebuissonardente9.jpg


友人のデザート。
林檎とcoing(花梨)のタルト
りんごとカリンの組み合わせは珍しいかも。


lebuissonardente10.jpg


こちらは洋梨のシャルロット
自家製のフィンガー・ビスケットとクリームが美味しかったそうです。


lebuissonardente11.jpg


私が取ったポット入りのココナッツのクリーム+パイナップル
プレートに線を走らせたソースはマンゴー。
軽やかな味わいでしたが、ココナッツの味があまり感じられなかったのが少し残念…
料理はとても美味しかったので、デザートだけがもう一押し…な感じがしました。
ただ友人ふたりのデザートは好評だったので、私の選択ミス…


ランチは3品にエスプレッソを追加して、22ユーロ(2900円)
ほど。
内容の充実ぶりを考えるとこのお値段は安いと思います。
今度は夜にトライしようかな…


RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。