SACRE GOURMANDISE

おいしいもの見つけた!  PARIS発の食べ物ブログ
 
 
プロフィール

MELODY NELSON

Author:MELODY NELSON
いま関心のあることは身体にいいもの、そして新しい味覚の発見!
和と洋の融合やスパイスやハーブを使った複合の味が気になります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング
英会話レッスン
エステ
航空券

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GAYA par Pierre Gagnaire 



8月はヴァカンスシーズンで、人気のレストランはほとんど閉まってしまうパリ。
毎年私の誕生日はレストラン探しで苦労しますが…


gaya1.jpg


ピエール・ガルニエール監修の、魚介をスペシャリテとするレストラン『GAYA PAR PIERRE GAGNAIRE』がちょうど14日からバカンスに入るため、10日なら開いている…そして幸運にも席が取れました
ヴァカンスシーズンとはいえ、さすがに話題のシェフのお店…アメリカやヨーロッパ諸国からの観光客も多く、ほぼ満席です。


gaya3.jpg


カジュアルなテイストのインテリアで調えられた、軽やかでモダンな感じの内装。
照明をかなり落としているので、テーブルのキャンドルでものが綺麗に見えます。
カトラリーなどのデザインも個性的。


gaya5.jpg


アペリティフにロゼのシャンパンを頼み、まずはアミューズグールを…
このアミューズグールが凄くて、食材の斬新な組み合わせ方にさっそく度肝を抜かれました
グリーンのムースのようなものは青リンゴと青シソ。下にダイコンか蕪?…を敷いています。
青リンゴとシソの香りが鮮烈。
丸いのはソバ粉のガレットにドライトマトと野菜のコンフィ。これは温かい状態でサーブされます。
そしてフレッシュ・バジリコと生クリームのピュレをつけながら食べるガレット。
次々とこちらの予想を覆す味が口の中で広がり、これから始まる食事への期待が高まる見事なアミューズ


gaya7.jpg


私の前菜。
タマリロ(トマトの一種の野菜)と苺のソルベビーツとカンパリのマーマレードマッシュルームのサラダにイカを組み合わせた一品。
イチゴとイカ……う~~ん、斬新
甘味と苦味が渾然一体となった不思議な味と食感
甘味はタマリロとイチゴの自然な甘味で、苦味はおそらくカンパリ。
このお皿については私の貧弱なボキャブラリーではとても表現しきれませんが…
イカがイカと思えないような食材に変化したように感じました。
これが一流料理人のマジックなんでしょうね。


gaya8.jpg


夫が食べた前菜は真鯛のカルパッチョ
ブルターニュの海岸に生息するsalicorneという植物とサヤインゲン、ピンクペッパー風味のアーティチョークのクリームが添えられています。
新鮮な鯛の美味しさもさることながら、アーティチョークのクリームが鯛の旨味を引き立てて…


gaya9.jpg


私が食べたメインのお皿。
焦がしバターで仕上げた天然スズキのエスカロープ
溶けるまで煮つめたエシャロットのソース、そしてスズキの下に焼きトマトが入っています。
黒いのはイカスミのニョッキ
夏のスズキは特に美味と言われ、フレンチレストランでも高級食材として扱われるようですが、柔らかくクセのない白身はエスカロープにぴったりだと思いました。
あっさりしたスズキに焦がしバターでコクを出し、エシャロットのソースが甘味を加えています。
そして初めて食べたイカスミのニョッキ……おいしい。


gaya10.jpg


夫が食べたメインは貝がたっぷり入ったブイヤベース風の貝のスープ
さまざまな貝類の旨味が凝縮したスープは泡立ち、西洋ネギと緑のピーマンの細く切ったものがトッピングされています。
豪華で洗練された、メインになるスープ。


gaya11.jpg


デザートは隣のテーブルの人が食べていた苺のタルトが美味しそうに見えたのですが、せっかくココに来たのだから…と変わったモノにチャレンジ。
私が食べたのは旬の白桃を使ったデザートで、ヴェルヴェンヌで煮て香りをつけた白桃、ハーブ酒であるシャルトルーズを使ったケーキメロンのセミ・コンフィをのせています。
シャルトルーズの苦味がアクセントになっておいし~い
花びらのようなメロンのセミ・コンフィも何のフルーツかと驚きました…


gaya12.jpg


夫もcristal de vent…風の結晶という詩的な名前がついたデザートにチャレンジ。
カシスのメレンゲカシスのムースアプリコットのフランジパーヌという旬のフルーツのおいしさを閉じ込めたようなお皿。
カシスの甘酸っぱさの奥にハーブかスパイス?の味を感じましたが、何かわかりませんでした…


gaya14.jpg


食後のコーヒーと一緒に供されたプティフールは、しっとりしたレモンのケーキショコラのビスキュイ
スパイシーでほろ苦いショコラのビスキュイがエスプレッソとよく合う


フランス料理界のスター・シェフがプロデュースするレストランということで、かなり期待はしていましたが、その期待をはるかに上回る料理を楽しめたと思います。
奇想天外な食材の使い方、組み合わせ…お皿ごとにサプライズの連続で、アミューズ性が高い。それってレストランで食事をする最大の魅力なのです。


GAYA Rive Gauche par PIERRE GAGNAIRE : 44 rue du Bac 75007
スポンサーサイト

LA PHARMACIE 



家の近所のワインバーのランチが美味しいと聞き、夫とお昼を食べに行ってきました。
oberkampfの駅のそばにある『LA PHARMACIE』というお店。


lapharmacie1.jpg


鮮やかなターコイズブルーの外観。
名前の通り、薬局だった店舗を改造しています。


lapharmacie3.jpg


レトロモダーンなインテリア。
程よいカジュアル感と落ち着き、そして大きな窓からたくさん光が入るので、まるでテラスにいるような開放感もあります。
その日のメニューが黒板に書かれていて、席まで持って来てくれます。


lapharmacie2.jpg


古い薬局の棚に並べられたワインとグラス。
磨き上げられた、年代モノの棚が素敵。


lapharmacie0.jpg


お店の人がすすめてくれたロゼ。
淡いピンク色で、グラスに入るととても綺麗
キリっとした辛口なのです。


lapharmacie4.jpg


ランチは日替わり。単品もあるし、前菜+メインまたはメイン+デザートのコースもあります。
私たちはメイン+デザートをチョイス。
夫が選んだのはハラミ肉のステーキ。
…焼き加減がナイス
添えられた自家製のベアルネーズソースも作り立てのフレッシュな感じなのです。


lapharmacie5.jpg


私がとった乳飲み子羊のステーキ
乳飲み子羊はまだ牧草を食べる前の子羊で、肉が柔らかいのが特徴です。
ローズマリーで風味がつけられ、肉汁がたっぷり…驚くほどジューシー
付け合わせのホームメイドのポテトのピュレもほくほく…
ランチとはいえ、とても丁寧に作ってある感じが、このお店の人気の秘密でしょうか。


lapharmacie6.jpg


デザートにとったアプリコットと桃のアントルメ
チョコレートのスポンジの台に桃とアプリコットのムース、そしてフランボワーズのソースが添えられた爽やかな夏のケーキです。


lapharmacie7.jpg


夫が選んだ洋梨のタルト
季節のフルーツを使ったタルトはカフェやビストロのデザートの定番中の定番。
こちらのタルトもフランボワーズのソースがポイントに…


バー激戦区oberkampfにある洒落たワインバー…小さなお店だし、夜は込みそうです。


LA PHARMACIE 22 rue Jean-Pierre Timbaud 75011

RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。