SACRE GOURMANDISE

おいしいもの見つけた!  PARIS発の食べ物ブログ
 
 
プロフィール

MELODY NELSON

Author:MELODY NELSON
いま関心のあることは身体にいいもの、そして新しい味覚の発見!
和と洋の融合やスパイスやハーブを使った複合の味が気になります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング
英会話レッスン
エステ
航空券

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

beau rivage  



先日、夫と友人と一緒に、中世の城壁やカテドラルが残るユネスコ世界遺産の街、Provins(プロヴァン)に遊びに行ってきました。
シャンパーニュ地方にあるプロヴァンは12~13世紀に栄えた街で、古い建築物がそのまま保存されている美しい街。旧市街を城壁が囲んでいます。
パリから車で訳1時間半という、ドライブにはちょうどいい距離。
そして今回のドライブの目的のひとつがランチ…でした。
プロヴァンから車で30分ほど走ったところにNorgent sur-seineという小さな街があり、ミシュランやゴー・ミヨで高い評価を受けているレストラン『beau rivage』があるのです。


beaurivage0.jpg


夏に夫と友人たちがトライしたしたときは予約を入れてなかったので、満席で入れなかったそう…
今はシーズンオフな感じで、街を訪れる人も少なく、予約が取りやすそうです。
レストランは小さな3つ星ホテルの中にありました。


beaurivage1.jpg


清潔感があって光がたくさん入る、明るい店内。
席に着くと、ちょうどシーズンでもあるシナモンがスプーン置きとして使われ、ナッツを散りばめたガレットがスタンドに… なかなかいいアイデア。
このナッツのガレットはメニューを見ながら、アペリティフとしてつまむことができます。


beaurivage2.jpg


私たちは前菜、主菜、デザートの3品のランチ・コース30ユーロをセレクト。
それぞれグラスワインの白を頼み、まず出てきたのはアミューズ・グール。
カレー粉やターメリックをアクセントにしたスティックパイと表面に焦げ目をつけたサレ(塩味)のクリーム
エキゾティックで上品な味の一品です。
地方のレストランなのでクラシックかな…と思っていたら、斬新で繊細な感じのスターターが出てきて驚き…
一気に食事への期待が膨らみました。


beaurivage3.jpg


私と夫は偶然にも前菜からデザートまですべて同じものをセレクト。
これは前菜のモルトーソーセージとシャルロット種のジャガイモ。茹でたあとオーブンで軽く焼いているのかな?
エシャロットとシブレットが添えられ、少し酸味のあるソースがかかっています。
モルトーソーセージはスイスに近いコンテ地方で作られるソーセージなのですが、調理が上手で、すごくおいしかった


beaurivage4.jpg


友人の前菜。
ハドック(鱈の一種)とレンズ豆、半熟卵を使ったサラダ
バジリコのソースがたっぷり添えられて、彩りも鮮やかで綺麗です。


beaurivage5.jpg


友人のメインは黒ブーダンと洋梨
上にトッピングされているのは青リンゴ
ブーダンは豚の血と脂を使った腸詰めで、ねっとりした独特の舌触りとレバーのような味。りんごやマッシュポテトを付け合わせにして食べたりします。
私も夫も内蔵料理が苦手でブーダンは避けたのですが、こんなケーキのようなプレゼンテーションにして、フルーツをたっぷり合わせていると食べやすそうです。


beaurivage6.jpg


私たちのメインはサーディンのソテーキノアのロールキャベツ風
そしてグリーン・タップナードを塗ったパンが添えられています。
キノアは最近BIO食品でも注目の穀物。こんな風にロールキャベツのように調理したのは初めて食べました。
自家製のタップナードや肉厚のサーディンもおいしかった…


beaurivage8.jpg


デザートはたくさん種類があって迷ったのですが、フォレ・ノワール風…と書かれたものをセレクト。
フォレ・ノワールはチョコレートとチェリーとキルシュを使ったドイツはアルザス地方のケーキですが、それに近いものかな…と想像したら、フォレ・ノワールそのものでした。
ダーク・チョコの苦味とチェリーの甘酸っぱさがよく合っています
ここの濃厚なフォレ・ノワールはかな~り気に入っちゃいました


beaurivage9.jpg


友人のデザートはパイナップルのシロップ漬けとココナッツのソルベ、ココアパウダーに薄いガレットを合わせたお菓子。
フルーティーで爽やかそう…


beaurivage7.jpg


食後のコーヒーと一緒に出てきたプティ・フール
ココア風味のビスキュイとヘーゼルナッツのマカロン、アーモンドの香りがするフィナンシエ。
もう満腹でしたが、コーヒーと一緒にするりとお腹に入ってしまいました。


beaurivage10.jpg


私たちがランチタイム最後のお客。
客層は私たちのように遠方からプロヴァンに遊びにきた人が多そう.
もしシャンパーニュ地方のプロヴァンやトロワに行く機会があれば、おすすめのレストランです。


beau rivage : 20,rue villiers aux choux 10400 nogent sur seine




スポンサーサイト
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。