SACRE GOURMANDISE

おいしいもの見つけた!  PARIS発の食べ物ブログ
 
 
プロフィール

MELODY NELSON

Author:MELODY NELSON
いま関心のあることは身体にいいもの、そして新しい味覚の発見!
和と洋の融合やスパイスやハーブを使った複合の味が気になります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング
英会話レッスン
エステ
航空券

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南米風 真ダラのマリネ 



暑くなったので、マルシェの魚屋さんでタラを買って、セヴィッチェを作ってみました。
セヴィッチェはチリで生まれた南米ではポピュラーな料理。
ライムの風味をきかせた爽やかな一品なので、食欲の減退する夏にはおすすめです。





新鮮で身の締まった白身魚なら何でもいいのですが、真ダラを使うのが本格的。
フランスではcabillaudと呼ばれる魚です。
用意するのは、タラ400~500g、ライム5コ、エシャロットか紫タマネギ2コ、牛乳大さじ2杯、パセリ、唐辛子、塩、コショウ
まず、マリネ液を用意。
ライム3、4コを絞り、このライムの果汁をボウルに取って牛乳を加え、塩とコショウをふります。
唐辛子の小口切りを加えます。
タラは削ぎ切りに。
タラをマリネ液に入れ、30分~1時間ぐらい冷蔵庫に入れて冷たくしておきます。
この間にエシャロットを薄くスライスして、水にさらしておきます。
ライム1コ分を薄い輪切りに。
パセリはみじん切りか小さくちぎって…
魚を冷蔵庫から取り出し、プレートに盛りつけます。
その上にエシャロットとパセリを散らし、ライムの薄切りを飾ります。




ceviche2.jpg


白身魚はタイやアンコウなどでもOK
ライムをレモンでも代用できますが、トロピカルな気分を味わうのなら、断然ライムがいいでしょう。
レモンより香りが強く、苦味も強いのでエスニックな料理とよく合います。


ceviche3.jpg


合わせる飲み物はラムが気分ですが、もちろん辛口の白ワインでもOK。
ベルギーのトラピストビールも意外によく合うとのことなので、CHIMAYというビールを買ってみました。
トラピストビールというのは修道院で作られるビールのことで、世界でも7カ所のトラピスト会修道院で作られたものしか認定されていません。
そのうちの6カ所はベルギーにあり、このCHIMAYはその中のひとつ。
イギリスの黒ビールにも似たコクのあるビールなのですが、瓶の中でも発酵熟成がすすむのだそうです。
私はビールの味はどちらかというと苦手なのですが、イギリスの黒ビールやこのトラピストビールのように深いコクと麦の味がしっかりとしたものは嫌いではありません。
初めてビールを美味しいと思ったのが、ロンドンで飲んだ黒ビールだったので、熟成型のまったりしたほうが好みなのでしょう。


暑~い夏の前菜に最適のセヴィッチェ…ビールやラムと一緒にいかが





スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://histoire71.blog23.fc2.com/tb.php/155-b96c7ee2
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。