SACRE GOURMANDISE

おいしいもの見つけた!  PARIS発の食べ物ブログ
 
 
プロフィール

MELODY NELSON

Author:MELODY NELSON
いま関心のあることは身体にいいもの、そして新しい味覚の発見!
和と洋の融合やスパイスやハーブを使った複合の味が気になります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング
英会話レッスン
エステ
航空券

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アムステルダム:pasta tricolore 



アムステルダムに初めて行ったときに偶然見つけたRosticceria(イタリア語でお惣菜屋さん)『pasta tricolore』
以来アムステルダムに行くと必ず立ち寄る、大好きなお店。
私がホテルをその界隈に選ぶのは美術館が集まっている地区という理由のほかに『pasta tricolore』に毎日でも行きたい…という理由もあるのです。


pastatri14.jpg


従業員の何人かはイタリア人。
イタリア語とフラマン語が同時に飛び交います。
高級ブティック街Hoofstraat通りの真ん中にあるわりには気取らない店なので、リラックスして食事が楽しめます。


pastatri7.jpg


長細いショーケースの中にはずらりとイタリアンのお惣菜が…
対面にイートイン・コーナーが設けられていて、テイクアウトの他に店内でもお惣菜が食べられます。


pastatri13.jpg


何種類ものアンティパスト、サラダ、パスタ、チーズやデザート…


pastatri05.jpg


イタリアン・ハムのコーナーも。
ホームメイドのパスタソースが絶品
ここのトマト・バジリコやペースト・ジェノワーズはイタリアの有名お惣菜屋さんにも負けない美味しさなのです。


pasteatri4.jpg


店のいちばん奥はパニーニのコーナー。
お昼時になるとここにずらりと人が並びます。
黒板に書かれたパニーニから具を選ぶとパンの種類を聞かれます。
ホワイトブレッド、ブラウン、オリーブ入りなどの中からチョイスするのですが、ホワイト以外は別料金が加算されます。


pastatri1.jpg


2種類頼んで、夫と半分こ。
これはbariというパニーニで、パルマハムにフレッシュなペースト・ジェノワーズ水牛のモッツァレラを挟みます。
パンをブラウンにしてみました。
このbariはとても気に入って、結局次の日もテイクアウト…


pastatri2.jpg


こちらはミラノ風の子牛のカツが入ったpollo milaneseというパニーニ。
パンはホワイトが合いそうですが、ちょっと趣向を変えてオリーブ入りを。
お、おいし~い
薄く叩いてオリーブオイルで炒め上げした子牛のカツと酸味がきいたタルタルソース。
今まで何度かイタリアで子牛のカツレツが入ったパニーニを食べましたが、タルタルソースを添えたのは初めて。こんなに相性がいいとは…
ミラノ風カツにはレモン…と思っていましたが、目から鱗でした


pastatri3.jpg


つい欲張ってしまった私たち…パニーニの他にアンティパストとサラダとパスタもチョイス。
アンティパストは海老のマリネトマト・モッツァレラ
そしてほうれん草とパルメザン・チーズと胡桃とレーズンのサラダ。これが爽やかでおいしい
胡桃がいいアクセントになっていました。
パスタはファルファッレのボロネーズソース
粗めに挽いた肉で作った濃厚なボロネーズソースにアルデンテで茹でたファルファッレがよくからんで…
まったく何を食べてもおいしいお店なのです。
全部食べられなかったので、パニーニやサラダをテイクアウト用に詰めてもらいました。


pastatri6.jpg


食後のコーヒーはドリンク・コーナーでオーダー。
店の奥の天窓から空が見えて気持ちいい
パリに比べると光が白くて薄いかんじ。


pastatri8.jpg


泡々のカプチーノをゆったり楽しんで、外の寒さをしばし忘れました。


pastatri9.jpg


そしてクリスマス・イヴなのでデザートをテイクアウト。
リコッタチーズにワッフルとチョコを巻き、オレンジピールをトッピングしたお菓子。
前にilly cafeで食べたイタリア菓子と同じもの。たしかシチリア発祥のお菓子だったと思います。


pastatri10.jpg


右側は松の実やアーモンドなどナッツがたくさん入ったお菓子。
左は生クリームが詰まったトリュフ
フランスのトリュフと違って、中は生クリームなのです。これがイタリア風なんでしょうか?
口の中で涼しく溶けて、カカオの濃厚なトリュフとはまた全然違う味わい。


pastatri11.jpg


お土産に買ってきたホームメイドのヌガー
柑橘類のヌガーで、オレンジやレモンなどのドライフルーツがトッピングされています。
今までヌガーはもっと硬いものだと思っていましたが、ここのヌガーはケーキみたいに柔らかい食感。
手で簡単に千切れるぐらいの柔らかさ…
柑橘類の風味がしっかりするヌガー生地、アイシングとドライフルーツが甘さを加え、今までのヌガーに対するイメージを覆されてしまいました。もっと豆の味が強い、素朴なお菓子だと思っていましたが…
自家製のヌガーってこういうものなのかしら? それともここのがスペシャル?
気になったので、今度パリのイタリア惣菜屋さんで買ってみよう。


いつもthalysに乗る前にここでパニーニやパスタソースや手打ち麺を買うのですが、クリスマスだったのでお店は閉店。
パニーニはまた次の楽しみに。


pasta tricolore : P.C.Hooftstraat 52Amsterdam

スポンサーサイト
コメント
那須パパさんへ
以前から思っていましたが、那須パパさんの住んでおられる辺りは都心よりかなり寒そうですね。
雪が積もると運転がタイヘンになりますね…
スリップしないように安全運転で、くれぐれもお気をつけください!
おはようございます♪
今週も始まりましたね!!
ただ、那須は大雪....(@_@)

これから雪かきして出勤です(>_<)
ちょっと、怖いです...

出だしから散々ですが、今週も頑張って行きましょうね('-^*)/
バニラビーンズさんへ
フランスのパニーニも平べったい楕円形なんですよ。
なのでイタリアでパニーニを食べたときは驚きました。だって全然違うんです…
やっぱり元祖イタリアン・スタイルのパニーニが美味しい!!

シチリアのお菓子はカンノーリというんですね。
あっさりしてオレンジの香りがいいですね。

オランダはデザイン大国なんですよ。すごく先進的。
美術館のプレゼンテーションなんて凄いと思います。

那須パパさんへ
そうですね…いい素材を使って丁寧に作られたお惣菜やお菓子なんです。
パリに出店しないかな??
アムステルダムの一連の記事、とても楽しく読ませていただきました。
このイタリアンのお店、ショーケースが魅力的です!パニーニって日本でいただいたものは、平べったい薄い楕円形のパンだったのですが、こんなにボリュームがあって中身もバリエーションがあるんですね....このオリーブ入りのパニーニ、いただいてみたいです。シチリアのお菓子、カンノーリでしょうか?私がいただいたものはクリームたっぷり...でピスタチオが入っていたように思います。イタリア菓子の専門店がようやく東京にもちらほら現れています。ヌガーも硬いお菓子...という固定観念がありました。ソフトな食感、興味津々です。オランダってちょっと地味であか抜けない?ようなイメージがあったのですが、デザインも食事もしゃれていますね。オランダのクリスマス、銀色のサンタがすてきです!
おはようございます♪
今朝の冷え込みは堪えます(>_<)
メゲズに、金曜日!!

今日も張り切って、行って来ます('-^*)/


いやぁ、本当...(o^-')b
一手間多く手がかけられている感じがとても良いですね♪
美味しそう!!














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://histoire71.blog23.fc2.com/tb.php/176-519367ac
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。