SACRE GOURMANDISE

おいしいもの見つけた!  PARIS発の食べ物ブログ
 
 
プロフィール

MELODY NELSON

Author:MELODY NELSON
いま関心のあることは身体にいいもの、そして新しい味覚の発見!
和と洋の融合やスパイスやハーブを使った複合の味が気になります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2ブログランキング
英会話レッスン
エステ
航空券

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロマジュリーの乳製品 



ボン・マルシェで見つけたフロマジュリーPascal Beillevaireの乳製品。
フランスの地方、Machecoulという街の小さなフロマジュリーのようです。
初めて見る製品だし、どれも美味しそうだったので、いろいろ買ってみました。





左がブルーベリー・ソース入りのフロマージュ・ブラン
右がミラベル入りのヨーグルト
どちらも驚くほどミルクの味が濃厚!
たまにフロマジュリーの手作りの製品を食べると大手メーカーの大量生産品との味の違いに愕然としたりしますが、大手メーカーのはミルクの味というよりパルファムでごまかされているような気がします。
ちなみにミラベルというのは金柑に似た小さな柑橘類です。
ナンシーというアールヌーヴォーの建築で有名な街に行ったときにミラベルを使った蒸留酒やお菓子を地方銘菓として売っていたので、そのあたりで収穫されるのかも!?


mousserizaulait.jpg


そしてこちらは左がオレンジソース入りショコラ・ムース
右がリ・オ・レというお米を使ったプリンのようなお菓子。
私はリ・オ・レはいまいち好きじゃないので普段は買わないですが、ここのはキャラメル・サレが入っていたのでトライ。
キャラメルが濃厚でパンチがあるので、お米のもちもち感が気になりません。(おはぎもそうですが、私はどうも米のお菓子や餅が苦手…)
ショコラムースのほうは軽やかな舌触りのムースにオレンジのソースが爽やか。
オレンジにカカオという組み合わせはフランスではとても
ポピュラーです。


cremepot.jpg


ピスタチオのクレーム
プリンのように卵ベースではなく、生クリームをふんだんに使ったお菓子。
ピスタチオがたっぷり入っているせいで、なかなかエキゾティックです。
こちらも大手メーカーのものとは違って、ピスタチオの味がくっきり。

スペインのお菓子 



よく通っている百貨店ボン・マルシェの食品館で、最近見かけるようになったスペインのスウィーツ。
オーガニックのチョコは大ヒットで、たちまち売り切れてしまいました(もっとたくさん買い占めておけばよかったくやし~い)


fran3.jpg


先日買ってみたCantabriaという地方のデリカテッセン『La Ermita de San Pedro』のお菓子。
これはコーヒー味のフラン
牛乳と卵とチーズをベースにしたプリンのようなものです。
コーヒーの苦みがほんのり効いた素朴な味わい。
普通フランにはチーズが使われませんが、これは15%もチーズが入っています。
甘さは控えめで添加物は一切使われていません。


natillas.jpg


そしてこちらはNatillasというお菓子。
牛乳と卵黄をベースにしていて牛乳プリンみたいですが、シナモンたっぷり…
それにレモンとさや入りヴァニラが入っています。
シナモンがかなり効いているので、プリンだとすれば一風変わったプリンだと言えるでしょう。
エキゾティック


bonmarche.jpg


こちらはボン・マルシェの食品館
世界最古の百貨店。1850年代に出来たそうです。
パリの百貨店の中ではいちばんシックで、アールデコを基調にした内装も大好きです
現在のイメージが作り上げられたのはおそらく'30年代なのだと思います。
外壁の字体もアールデコで素敵ですが、広告やウィンドウなどはいたってモダーン。


voiture.jpg


食品館でたくさん買うとこの車で配達してくれます。

フレッシュ・パスタ ★ ニョッキとラビオリ 



イタリアンのお惣菜屋さんで、シャンピニオン入りのニョッキ
バジリコ&リコッタのラビオリを買いました。どちらもホームメイドの
生パスタ

1kg=23ユーロ(約3200円)で好きなだけ量り売りしてくれます。





シャンピニオンが入ったジャガイモのニョッキ。
ニョッキはパスタの一種ですが、パスタと違って生地に小麦粉の他に
ジャガイモやカボチャを入れて作ります。
そのせいか少量でもお腹にくる感じ…


gnoccicuit1.jpg


ソースはタマネギとパセリのみじん切りで作った生クリームのソースに、試みにオレンジの皮をすり下ろして入れてみました。
爽やかで悪くないけど、キノコがしっかり味付けされているので、ソースと合うかどうかは微妙…
まぁ何事も試してみないと始まらないので…
残りはソースをかけずにバターとイタリアンパセリを絡めましたが、
シャンピニオンの味が引き立って、あっさりと美味しかったです。


raviolis1.jpg


そしてこちらがバジリコのラビオリ
中に入っているのはリコッタ・チーズ
市販のものと違って、具がたっぷり…
クラシックな組み合わせで、美味しくないわけがありません。


raviolitomate.jpg


茹でるととっても鮮やかな緑色になりました
せっかくのフレッシュな生パスタなので、生トマトとバジリコで作ったソースで。
定番といえば定番ですが、やはりベストマッチです


塩味のチョコレート 



パリはジャン・ポール・エヴァンやメゾン・デュ・ショコラなど有名なショコラティエがありますが、べつにショコラティエの高級チョコじゃなくとも美味しいものは見つかります。
リンツのEXCELLENCEシリーズはなかなか面白いものを出していて、たまに買ったりするのですが…





これはfleur de sel(塩の華)という塩田の上澄みから作られた
使ったタブレット・タイプのチョコ。
fleur de selはgros selというキメの粗い塩なのですが、チョコにはもう少し細かい粒に砕いた形で入っています。
…が、やはり食べたときにfleur de selの食感は感じます。
チョコに塩だなんて不思議な組み合わせですが、塩がビターなダークチョコのほのかな甘さをうまく引き立てて、絶妙なコンビネーション。
きっとミルクチョコなら合わないところでしょう。


このシリーズのフレーヴァーは他にチリミントグリル・アーモンド
など。
まだ試していませんがチリが気になります。
ピエール・マルコリーニの胡椒入りダークチョコがビター+スパイシーで
とても美味しいので、同様にダークチョコと唐辛子も合いそうですね。


それから、リンツのダークチョコにフルーツのペースト入りもおすすめ
です。
チョイスされているフルーツがトロピカルなライムココナッツなので、夏に冷蔵庫で冷やして食べると爽やかで美味しいと思いました。


そしてチョコといえばお供はやっぱりエスプレッソ
エスプレッソを一口飲んで、ダークチョコのタブレットをカリリと齧る…
カカオとコーヒー…ビターなもの同士、これ以上ない相性の良さなのです。


色を食べよう! 



このKNORRから新発売された『色を食べよう』というシリーズのスープ、
パッケージもシンプル&モダーンでそそられますが、素材の組み合わせがなかなか面白いです
日本のKNORRのスープは化学調味料の味が強いと思うのですが、フランスのものは素材そのもの。
保存料や着色料など添加物はなし…を謳い文句にしています。
日本の市販のスープに比べると旨味成分が足りないような薄い感じですが、やはり野菜の味がしっかり感じられる淡白な味のスープは飽きなくて毎日でも食べられます。





オレンジはカボチャ、キャロット、オレンジのミックスに隠し味に
カレー粉。
スープにオレンジ!?…と思われるかもしれませんが、オレンジの酸味が
人参と一緒にカボチャのスープをとっても爽やかなものにしています。
カレー粉
が全体の甘さの引き締め役。
ホワイトはセロリ、アスパラ、キャベツ、オニオン、生クリーム、
白コショウに隠し味はナツメグ。
これは洗練の味で色のイメージとぴったり。
白アスパラが春を感じさせてくれます。
セロリの香りとナツメグがアクセントに。
そしてグリーンがグリーンピース、クルジェット、ほうれん草、セロリの
ミックス。
グリーンが野菜の直球勝負でいちばんベーシックな感じですが、ここまで緑色をしたスープはあまりないので、やはり野菜の選び方が色のニュアンスを出しているのでしょう。
もう1種類、ここにはありませんがもあって、それはトマトと赤ピーマンがベース。


スープは大好きなので、たまに作りますが、私のは冷蔵庫にある野菜を
ザクザク切って、ベーコンと一緒に煮るだけのミネストローネ風
超・簡単スープ。
ポタージュは裏ごしたり大変なので、ついつい市販のもので間に合わせてしまいます
幸いこんな美味しいスープが出てるので、わざわざ作ろうという気にもならないのですが…


souporange1.jpg


オレンジ色のスープ。


今は残念ながらなくなってしまったんですが、近所に前菜のスープがとびきり美味しかったビストロがあって、夏はよくメロンの冷製スープを出して
いたんです。
(その店では行くたびにスープを頼んでたので、春夏秋冬いろんなスープを楽しみました
果物でスープって意外な感じもしますが、瓜類はスープにしてもさっぱりと頂けます。
別の店ですが、昨年の夏に食べたスイカとミントの冷製スープも斬新
でした 
そのうち自分でも果物のスープを作ってみたいと思うんですが、何のフルーツが合うんでしょうね? 
甘いとデザートになっちゃうので、やはり瓜類なのかなぁ?


RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。